界面活性剤と合成界面活性剤の違い

化粧品に使用されている成分の中で、水分と油分を馴染みやすくさせる役割をしている、「界面活性剤」という成分があります。 一言に「界面活性剤」といっても、「界面活性剤」と「合成界面活性剤」の2種類があります。

一般的に、「界面活性剤は肌に良くない」と認識されていることが多いのですが、界面活性剤自体に害はなく、肌へ悪影響を与えるものではありません。 危険性が指摘されているのは、合成界面活性剤のほうです。 合成界面活性剤は、化学的に作られた界面活性剤のことで、乳化剤・保湿剤・洗浄剤などとして、基礎化粧品全般に使用されています。

界面活性剤と比べて効果が高いので、その分肌へ与える刺激が強く、肌が必要とする分の皮脂までを洗い流してしまいます。 皮脂は、肌を外部の刺激から守る役割があるため、その皮脂が洗い流されてしまうということは、肌のバリア機能の低下に繋がり、様々な肌トラブルを引き起こす原因となります。

合成界面活性剤が使用されている化粧品を使用することで、100%肌トラブルを引き起こすということではありません。 1人1人肌質が違うので、個人差があるかと思います。 しかし、化学的に作られているものである以上、肌と合わない場合が多いので、注意するに越したことはないと思います。

Copyright© 化粧崩れは毎日のスキンケアで防ごう All Rights Reserved.